二流ぶろぐ

2222222222

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
mark
http://www.hltv.org/blog/5167-csdemoarchiver
//////////////////////////出来ること
・デモを好きな場所に保存
・デモに自動で日付つける
・後で確認したいシーンをゲーム中に記録
・デモを自動で圧縮

ムービー作る人にはすごく便利なツールになるはず。

//////////////////////////注意
VACは大丈夫 = 普段試合する分には何も問題なく使える。が、他のアンチチートソフトは未検証らしいので、大会とかでは使わない方がいいかも。

//////////////////////////導入
1.
CSDemoArchiver.zipをDL&解凍
2.
解凍したもの全て(bin/config.lua/CSDemoArchiver.lua/CSDemoArchiver.exe)をcstrikeフォルダに移動
3.
デモを保存するフォルダ(デフォだとC:\Demos)を作っておく

/////////////////////////使い方
1.
CSを起動してから、cstrikeフォルダ内のCSDemoArchiver.exeを起動
2.
通常通り"record 名前"で撮り始める
3.マーク
良いシーンが出た時などは、ゲーム内のコンソールに"echo CSDemoArchiverMARK"と書き込むと、デモと一緒にマークが作成されて、後で簡単に確認できる。bind推奨
※echo CSDemoArchiverMARK_3kill.wallbangのように書き込むと、この様なマークを作成できる。
4.
通常通り"stop"で終了。
※zip圧縮するため一瞬ラグくなる。クラッシュしそうな人は圧縮しない設定にすると良い。
5.
デフォだと、C:\Demosに20120401181914-名前.zipみたいな感じで保存されてるはず。

config.luaをメモ帳などで開くと細かい設定が出来る。
スポンサーサイト
しときました。今僕が使っているのをただUPしただけなので変なファイルが入ってるかも・・
色々新しいpluginを追加したので時間があるときにでもまとめておきます。

https://skydrive.live.com
上記URLからHLServer.zipとcstrike.zipをDLして解凍。HLServerフォルダ内にcstrikeフォルダを入れる。
あとはHLServerフォルダ内のhlds.exeを起動するだけで練習鯖が出来るはず。

practice.cfgは僕の使ってる練習用configです、これくらいはbindしてないとすごく面倒くさい。参考までに
地下まで透けて見えちゃうヌークの壁抜きマップ
存在すら知らなかったのですが、最近見つけたので紹介。
HLTVとかSpectatorの時に表示される黒いあれ

WinOutの動画とかで名前だけが表示されてるのがあって、かっこよかったので真似してみた↓
uii.jpg
何も見ないで1時間くらいで出来たのでたぶん簡単なはず。

めんどくさ・・って人は僕のつくったのをDLしちゃいましょう。(黒枠を消してちょっと微調整しただけ。適当に作ったので不具合があるかもしれない._.
Download
DLしたSpectator.resファイルを C:\Program Files\Steam\steamapps\アカウント名\counter-strike\cstrike\resource\ui にいれるだけです。
要望があったのでUPしました。
壁抜き練習用config

解凍したもの(bot.cfg)をcstrikeフォルダに入れ、
ゲームを始めたらコンソールにexec bot.cfgと打ち込めば反映されます。

注意が2つ、
・このconfigを使う前に必ず自分のcstrike内にある【config.cfg】をプロパティから上書き禁止、もしくは読み取り専用にして下さい。Fキーのbind(キー割り当て)が消えます。

・このconfig内の"player"を自分の使っている名前に変えてください。


bindしてあるものはこの記事を参考にしてください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。